忍者ブログ住宅ローン
[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]

DATE : 2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2011/11/28 (Mon)
住宅のメンテナンスは、マンションの場合であれば大規模な修繕などは管理組合が行います。
しかし、一戸建ての住宅では、すべての管理・修繕を居住者が行わねばなりません。
マンションの場合は持ち主の承諾がないと大規模な修繕は行えませんが、一戸建ての場合は持ち主の判断で行えます。
しかし、高額の費用がかかるので、普段から資金を積み立てるなどして意識して準備しておかなければなりません。

特にお金がかかるのは、外壁や屋根の塗り替えや修繕費用です。
この塗り替え作業は10年に1度行うのを目安として費用を用意しておきましょう。
少なくとも、100万円は必要となります。
住宅の大きさや外壁や屋根の種類などで料金は大きく異なります。
外壁がサイディングの場合、つなぎ目のシーリング材にひび割れや隙間があると雨漏りにつながります。
ひび割れなどが見つかった場合は、放置せず、早急な補修をしてください。

また、コンクリートの基礎にひび割れがないか、土台に白蟻被害がないかなど定期的な点検が必要です。
大事に至る前に修繕しておくと安心です。

住宅の劣化は周辺の気候や環境、塗料の種類によって異なってきますので、自分の家の修繕時期は、点検しながら見極めるようにしてください。

住宅の購入には、購入の時だけでなく、長年に渡って大きなお金が必要となります。
住宅ローンだけでなく、メンテナンスの費用も用意して、そのうえで定期的な点検・補修や日々の掃除などを心がけ、大事なマイホームを長持ちさせてください。
PR
忍者ブログ [PR]